歓迎会の服装は?

新入社員 歓迎会は、入社式を除いて、入社して最初のビッグイベントとなるでしょう。
所属する部署で主催するものなら、お店に集まってパーティーを行います。
部署を横断して、全体的に祝う新入社員 歓迎会もあるでしょう。
いずれにしても、楽しさ半分、気を使うの半分というところです。
しかし、そこまで気を使う必要はなくて、「楽しもう」というのを、全面的に出しても大丈夫です。
なぜなら、会社としても、未熟な存在として扱いますから、少々の粗相は、見逃してもらえるからです。
これから先、2年目、3年目になったら許してもらえないようなことでも、このときなら許されます。
だから、楽しんでいきたいです。

そのときの服装は、なるべく主張しすぎないように配慮すると、良いでしょう。
あまり場なれしている感を出してしまうと、「生意気なやつだ」と上司に思われてしまうかもしれません。
上司にとっては、扱いやすい、初々しい社員が好ましいものです。
この時点で、あまりとがっているところを出してしまうと、あとでやりにくくなります。
最初が肝心です。
ここの第一印象で、良くない印象を植え付けてしまうと、そのあとの仕事がやりにくくなってしまうかもしれません。

あまりにも頑張る必要はありませんが、上司と一緒に呑むときには、お酌をしたりして、最低限の気配りはしたいものです。
そして、初々しいながらも、きちんとした考えを持っているということを、控えめに主張すると、良さそうです。

 

正直 初々しさのない新入社員って 周りからドン引きです^^;

先輩から怒られながらも可愛がられる新入社員がのちのち伸びていくのでは、ないでしょうか?

もっとも甘えてばかりではだめですね。

ドンドンチャレンジして ガンガン怒られて経験をつんでいきましょう。

先輩ビジネスマンからの助言は大事です。

新入社員は、歓迎会などで顔見知りになった先輩の

もちものなども、そっと見て素直に真似するのもいいですね。

 

たとえば、どのような名刺入れを使っているのか?

どんな色のネクタイをしているか?

どんなワイシャツ?

そして どんな財布を愛用しているか?

財布は仕事用とプライベートとわけているか?など

勉強することは、たくさんありますね。

私は、財布メンズに関しては、ビジネスでもプライベートでも

どちらでも愛用できる、シンプルでセンスの良い

このマットーネマルチウォレットがおすすめなんです。

お値段も手ごろですしね……新入社員向けかもです。

新入社員 スーツ選びのポイント

新入社員のスーツ選びで、おさえておきたいポイントをご紹介します。
基本的に、スーツはジャストフィットが基本です。
大きすぎたりしてもいけないし、小さすぎるのもいけません。
これを踏まえて、新入社員はスーツ選びをしなければいけません。

ジャケットを着て、後ろから鏡で映してみましょう。
この時、引っ張りジワができていたら、ジャストフィットではありません。
体のラインにキレイに沿ったシルエットになるものを選びましょう。

前を向いたとき、肩幅をチェックすることも必要です。
肩の線が、自分の肩にきちんと合っているかどうかを見ます。
肩のところで、山の部分ができていたらオーケーです。
肩よりも外側に、山の部分がずり落ちているようなら、大きすぎます。
襟は、首から肩のラインにぴったり合っているものを選びます。
袖丈は、腕をまっすぐにのばして、手のくるぶしが隠れるくらいがちょうどいい長さです。
上着の丈は、お尻が隠れるくらいのものにしましょう。
長すぎたり、短すぎるのはいけません。

続いて、パンツです。
ウエストは、指が2本入る程度のものを選びましょう。
ジャケットはジャストフィットで選びますが、パンツはジャストフィットにしてしまうと、座った時にきつくなってしまいます。
特に、おなか周りが心配な方は、ゆるめを選ぶと良いですね。
丈は、裾が靴に軽くかかるくらいのものを選びます。

スーツのカラーは、一番フォーマルなのがネイビーです。
それか、チャコールグレーやグレーを選びましょう。

 

今年の新入社員のタイプ

新入社員のタイプというものが、毎年発表されています。
その評価は、いつも手厳しいものとなっています。
いつの時代も、新入社員のタイプは、「変人」と置き換えることができます。
そのようなベースもおさえつつ、当時のトレンドも反映されているので、そういう視点から見ると、面白いです。

たとえば、2014年の新入社員のタイプは、「自動ブレーキ型」とのことです。
自動ブレーキとは、高感度センサーで障害物を検知し、自動的に車を停止させる機能です。
この機能により、交通事故を未然に防ぐことができます。
しかし、これは完全な装置ではありません。
利用者がきちんと機能を理解し、活用してこそ、真の効果が得られます。

これを、フレッシュマンの特徴にどう当てはまるのかと言うと、「知識豊富で敏感」という表現が与えられています。
就職活動は手堅く行い、そこそこの内定を得ることができると、壁にぶつかる前に活動を停止します。
安全運転が最優先。無謀な挑戦はしません。

人を傷つけないという安心感はあるが、どこか馬力不足という指摘もあります。
このため、高感度センサーを活用した開発が求められる。
つまり、きちんと指導、育成することで、運転しやすくなる(うまくはたらけるようになる)という評価です。

ちなみに2013年度は「ロボット掃除機型」でした。アイロボット社のルンバが有名ですね。
一見どれも均一的で、区別しにくいですが、部屋のすみずみまで効率的に働いてくれるので、時間を短縮できる、つまり効率的に就職活動をする、という意味合いとなっています。

初めての お給料

新入社員初めての お給料というのは、嬉しいものです。
仕事をして得られた、初めての振り込みだからです。
新入社員初めての お給料は、身入りが良いという嬉しい一面もあります。
会社によっては、新入社員には残業をさせない、というルールを決めているところもあります。
だから、残業をしている先輩社員と、新入社員とで、給料がほぼ同じ、というケースが生まれうるのです。
先輩の社員からしたら、残業したぜんぶが給料に還元されるとは限りません。
サービス残業が当たり前、という会社も多いでしょう。
だから、フレッシュマンとそう変わらない額になってしまう可能性があるのです。

初めてもらえる、というのだけでも嬉しいし、

それほどはたらかなくてももらえる、という嬉しさも加わります。
つまり、ダブルで嬉しいわけですね。

初めて自分で稼いだまとまったお金、つい浪費してしまいがちです。
しかし、ここは計画的に使いたいものです。
たとえば、競馬ですべて、すってしまうような事態は避けたいです。
その代わり、少し背伸びしたネクタイを買うとか、カバンを他の社員のように、シャープでビジネスパーソンらしいものに変えるとか、「自分への投資」に使いたいものです。彼女をちょっといいレストランに連れて行って、大人の会食をする、というのでも良いですね。なんといっても、アルバイトのときとは比較にならないくらいの金額を手にするわけです。
これまでのように、学生御用達の店ではなく、大人のための店に行ってみたいですね。

新入社員が辞めたくなる理由

新入社員の辞めたい理由は、さまざまです。
一番ありがちなのが、会社での人間関係。
最初から気まずい雰囲気になってしまうと、そのあと、通い続けるのはイヤになるものですよね。
給料や休暇も、大きな要素となります。
学生からいきなり、社会人になるわけですから、求められることはガラリと変わります。
「割に合わない」と感じる人もいるかもしれません。
そんなことが、新入社員の辞めたい理由となる要因でしょう。

入ったら良いものの、興味のない職種だった、ということもあるかもしれません。
しかしこれは難しい問題です。
みんながみんな、自分の興味のある仕事につければ、これほど良いことはありません。
しかし、適正もあるし、運もあります。
自分がやりたい分野以外をてがける会社に就職してしまうこともあるでしょう。
そんなときには、やりがいを感じられずに、就労意欲がわかない、ということもあるでしょう。
入ってから「こんなはずじゃなかった」というならまだ良いのですが、無理に就職してしまっているというような状況だと、このパターンは避けられません。
もとから興味のない職場だと、分かっているのですから。

もしも、自分がやりたい職種が決まっていて、そのための道筋もある程度、見えているのなら、早めに見切りをつけて、次のステップに進むのもひとつの方法です。
しかし、一度正社員としての立場を捨ててしまうと、そのあと二度と、安定雇用に戻れない可能性もあるので、その辺もご注意を。

 

新入社員の自己紹介は大切

新入社員 自己紹介は、入社後に行うものです。
入社式などで、求められることが多いでしょう。
初対面などの相手に対して、氏名など、自分に関する情報を知らせることが目的です。

新入社員にとって、自己紹介は縁の深いものかもしれません。
会う人会う人、みんなが初めてお会いする人ばかりだからです。
具体的にどのようなことを話すのかは、シーンによって使い分けると良いでしょう。
人数の多い少ない、社内の人に対してなのか、社外の人に対してなのかで選びます。

入試式で行うときは、氏名、配属先、大学での専攻、出身地や趣味、特技などのトピックを紹介します。
抱負も言っておいたほうが良いですね。
また、皆に「よろしくお願いします」と一言挨拶すると、良いでしょう。
歓迎会で求められる時も、同じような内容を述べると良いでしょう。

社外の人に対して発言するときには、配属先に加えて、担当する業務も述べると良いでしょう。

発言をするときは、その内容もさることながら、服装にも気をつけたいものです。
初対面の相手にとって、服装というのも、大きな印象を与えるものです。
社会人としてふさわしい服装なのかどうか。
入社した企業や団体にふさわしい服装なのかどうか。
またその業務内容にふさわしい服装なのか。
こういうところを、チェックされます。
また、寝癖をついていたり、お化粧がはげているようでは、だらしない印象を与えてしまいます。
いよいよというときの前には、鏡で自分の恰好を、しっかりチェックしておきましょう。

 

新入社員 研修はとても大事

新入社員 研修は、それまで学生だった新入社員が研修を通じて、社会における役割を学んでいく場です。
だから、とても大切です。
最近では、企業の経費節減の結果、こうした福利厚生的なサービスは、縮小傾向にあります。
企業も、まったく新しい人材を取り入れて、一から教育するよりは、すでに技術を身に付けた人材を、即戦力として受け入れることを好む傾向にあります。
しかし、なんといっても、日本は新卒一括採用を重視する国です。
若者が、社会を学ぶまたとない機会ですから、「めんどくさいなあ」と思わずに、しっかりとスキルを身につけたいものです。

こうしたシステムを利用するときは、事前にある程度、学習しておくと、理解が早まります。
就職活動をするときも、SPIのノウハウ本を読んだりして、実際に試験を受ける前に、どのような構造になっているのか、事前学習するものです。
このような場でもそれは同じで、向こうの意図を、事前に学習しておくことで、スムーズにすすめることができます。
一番重要なのは、「理解ができる社員」をアピールすることで、上司に良い印象を与え、その後の昇進に有利に働く可能性がある、ということです。
ひととの付き合いで、一番大切なのは、第一印象。
その人のイメージは、最初でだいたい、決まってしまいます。
だからこそ、しっかり事前に勉強しておくと、良いのです。

自己啓発セミナーのことを行う会社もありますので、その辺の本も、読んでおくとよいかもしれません。

 

新入社員 歓迎会 一発芸決めてやれ!

新入社員に対して開かれる歓迎会は、盛大なものとなるのが一般的です。
みんなが祝ってくれるので、とても楽しいものとなるでしょう。
しかしときに、大きな困難と立ち向かわないといけないこともあります。
例えば、新入生歓迎会の席で、一発芸を求められるときなどが、それにあたるでしょう。

急に一発芸を、と言われても、困ってしまうかもしれません。
そういう場で求められるようなパフォーマンスについて、アイデアがある人は、大丈夫かもしれません。
しかし、そういうのが得意でないのに、求められるとなると、困ったことになります。
私のように、人前に出ることも恥ずかしいようなタイプは、とりわけ困ってしまう度合いが大きいかと思います。

こういうとき、一番無難なのが、歌を歌うことでしょうか。
みんなが知っているような歌を歌っておくとよいでしょう。
それも、盛り上がるような歌が良いですね。みんなが歌って踊れるようなものがおすすめです。

それか、マジックをするのも良いかもしれません。
ノウハウについて書かれた本を読み、その通りに実践すれば、比較的うまくいきやすいです。
タネが分かってしまえば、なんてことがないマジックでも、知らない人から見たら、驚きの対象になります。
誰でも実践できるマジックが多いですから、こういうものを練習しておくと、良いですね。

なにか、特技があるのなら、それを披露するのも手です。
日本舞踊とかダンスとか、趣味を生かしたものがおすすめです。

 

新入社員 ボーナスは何に使う?

新入社員にとって、はじめてもらうボーナスは、特別の感慨があるに違いません。
月々の月給とは別の、大きなお金が手元に入ってきます。
何を買おうか、あれこれ悩むのも楽しいですね。
新入社員にとって、自分の仕事で稼いだ初めてのボーナスですから、派手に使ってしまいたいのは分かります。
しかし、今後のことも考えて、半分半分にしておいても、いいかもしれません。
つまり半分使って、半分貯金すると言うやり方です。
今後、結婚する時期が来たときには、まとまったお金が必要になります。
そこまで先のことを考えなくても、キャリアアップのために、スクールに通ったりしないといけない日は来るかもしれません。
いかなるチャンスにも対応できるように、ある程度自己資金は残しておきたいものです。

長引く不況の影響で、ボーナスがカットされてしまう会社員も、少なくありません。
今後は、景気が回復して、もっと社員に還元されていくことが期待されています。
もしも支給がなかったとしても、今後に期待はしたいですね。

結婚し、家庭を持つようになると、もらったお金を、そのまますべて自分が自由に使うことは、できなくなります。
だからこそ、計画的に配分して、悔いのない使い方をしたいですね。
すべて投資やギャンブルに使ってしまうようなことは、したくないです。
使うにしても、自分の価値を高められるアイテム選びに使うなど、今後に貢献できるものを選びたいですね。
お世話になった親御さんに孝行するのも、良さそうです。